Special Contents

Home Special Contents > 春の花粉症対策特集

春の花粉症対策特集

薬に頼らない有機栽培ハーブティーの花粉症対策!

花粉症対策特集

花粉症のシーズンが終わっても覚えておきたいハーブの豆知識をご紹介いたします。
ハーブは鼻や喉の粘膜を保護・強化すると言われています。また、花粉症はストレスなどによって症状が悪化することが知られているので、ハーブティーの精神を落ち着かせるリラックス効果は、花粉症にも有効だと考えられます。
マルシェ麻布では、花粉症にも有効とされる有機栽培ハーブ使用のブレンドハーブティーをご用意しております。勿論ノンカフェインで妊婦さんにも安心してお召し上がり頂けます。


花粉症に効くとネットで話題の『ネトル』

ネトルは、体の中の老廃物(酸化物や尿酸などの代謝産物)の排泄を促進することで、血液を浄化し、アレルギー性鼻炎や花粉症、アトピー性皮膚炎といったアレルギー性疾患や痛風といった代謝性疾患を予防することができると言われています。そのため、ドイツなどでは春先に、アレルギーやニキビ、じんましんの予防に、ネトルとエルダーフラワーやダンデライオンを摂取することが、昔からの民間療法として語られています。


老化防止の『ルイボス』を花粉症の緩和に

ルイボス茶の効能として、よく言われるのが、アトピー性皮膚炎や花粉症などアレルギー性疾患の症状緩和が望めるということです。また、美肌効果をはじめ、美容面での有効な作用なども挙げられます。そもそも、ルイボス茶の原産国である南アフリカでは、昔から不老長寿の飲み物として親しまれており、ルイボス内に抗酸化作用のあるフラボノイド類が豊富に含まれていることで、活性酸素によって細胞の老化が進むことを防ぐことができることが、最近の研究でわかっています。


『ネトル』『ルイボス』など配合のおすすめ有機栽培ハーブティー



紫外線が強いこの季節に・・・ローズヒップティーがおすすめ!

花粉症対策女性に嬉しいことずくめの『ローズヒップ&ハイビスカスティー』。マルシェ麻布では、認定有機栽培のローズヒップとハイビスカスをバランスよくブレンドし、爽やかな酸味とルビーレッド色の美しいティーに仕上げました。

【ローズヒップ】
バラの花が咲き終わった後の実のことで「ビタミンの爆弾」と呼ばれています。世界一ビタミンCを多く含む植物として有名で昔からハーブティーとして愛飲されてきました。
・ 女性が不足しがちな栄養を豊富に含んでいる (ビタミン、鉄分など)
・ 美肌、眼精疲労、風邪の予防、利尿作用に効果的とされています。

【ハイビスカス】
エジプトの女神ヒビスに由来し、クレオパトラが美貌と若さを保つために常飲していたといわれているハーブティー。ビタミンやクエン酸を多く含んでいるといわれています。
・ ビタミン類を豊富に含むため美容に良い
・ クエン酸が疲労回復を手伝う
・ のどの炎症を抑える効果がある
・ カリウムが多く利尿作用があるため、むくみや二日酔い解消に良いとされています。


ローズヒップティー&おすすめティー



参照元:
今年こそは改善しない?花粉症に効くハーブティー10選
毛穴が消える!?ローズヒップの驚くべき美肌効果
日本緑茶センター株式会社:ハーブティーはなぜいい?
健康茶の効能ガイド:ローズヒップティーの効能
健康茶の効能ガイド:ハイビスカスティーの効能
※ 効果、効能の記載は多くの場合に適切ですが一般的なアドバイスであり、特定の個人とその特定の状況に対応したものではありません。医学的治療を受けている方、又は、医学的治療が必要な方は医師にご相談下さい。