オーガニックへのこだわり

Home オーガニックへのこだわり > 有機栽培/有機JASとは?

有機栽培/有機JASとは?

有機栽培って何? オーガニックって何?

「有機栽培」とは化学物質に頼ることをやめ、旧来のような天然の有機物や天然由来の無機物による肥料などを用いるなど、自然のしくみに逆らわない栽培方法のことです。
「オーガニック」は直訳すると「有機(organic)」で、「無機(inorganic)」と対比して使われてます。今日では、一般的に農薬や化学肥料を使わない農業をさしています。


有機JASマーク

「有機JASマーク」は、太陽と雲と植物をイメージしたマークで、農薬や化学肥料などの化学物質に頼らず自然界の力で生産された食品を表しており、農産物、加工食品などに付けられています。「有機JASマーク」がない農産物と農産物加工食品に、「有機」、「オーガニック」などの名称の表示や、これと紛らわしい表示を付すことは法律で禁止されています。


有機JAS認証

有機JAS認証は、生産行程管理者(農家/農業団体)・製造業者・小分け業者・輸入業者を対象とし、認定は、農林水産省が審査の上で登録をした「登録認定機関」が行ないます。現在、日本国内で流通する農産物及び有機農産物加工食品のうち、「有機」の表示をすることができるのは、有機JAS認証を受けたもののみです。


私たち麻布タカノの取組み

「食の安全」などという言葉が叫ばれて久しいのですが、この抽象的な言葉の中には「BSE」,「遺伝子組換え」,「アレルギー」,「香料」等の問題が日替わりメニューの様に見え隠れし、それが一般消費者の食品に対する選択肢を急激に拡大させると同時に戸惑いを与えていることも見逃せません。

私たち「麻布タカノ」は「食の安心・安全」を目標とし、オリジナルの有機嗜好飲料は無論のこと、全ての取扱い商品について、いついかなる時にも「美味しいもの」、「食品履歴(traceability) が明確なもの」を揃える努力をしております。