珈琲・紅茶のおいしい飲み方

Home 珈琲・紅茶のおいしい飲み方 > 珈琲の淹れ方

珈琲の淹れ方

コーヒーの味はいれ方で決まる、と言っても過言ではありません。
どんなに状態の良い豆を手に入れることができても、いれ方の良し悪しで最後にその味が大きく変わってしまいます。 コーヒーの風味を最大限引き出すために、次のポイントに注意して、味わい深く美味しいコーヒーをお楽しみください。


“淹れ方” のポイント

  • コーヒー豆は新鮮なものを使用します。
  • コーヒーは抽出器具に合わせて挽いたものを使用しましょう。
  • 水は汲みたての新しいものを沸かしましょう。
  • コーヒーと水の量は、パッケージなどの解説に従い、適正な分量を使用しましょう。
  • 抽出時間や抽出温度を守りましょう。
  • 抽出器具やカップは清潔な物を使用し、あらかじめ温めておきましょう。

レギュラー珈琲のおいしい “淹れ方”

手軽で清潔なペーパーフィルターを使えば、はじめての人でも簡単に本格コーヒーを淹れることができます。
ペーパー・ドリップには、1つ穴式と3つ穴式とがあります。
抽出する速度が違ってきますので、器具にあった湯の注ぎ方をしましょう。

  • 器具とコーヒーカップは、あらかじめあたためておきます。
  • ペーパーフィルターのシール目を交互に折り曲げ、ドリッパーにセットします。
  • 定量分の粉(1杯あたり10~13g)を計量カップなどで計って入れます。ティースプーンなら山盛り3杯で約10gとなります。
  • 沸騰した湯を少し落ち着かせてから、粉全体にゆきわたるように、少しずつゆっくりと注ぎ、蒸らします。
  • 粉が膨張したら、泡が消えないうちに、1回または数回に分けて湯を注ぎます。
  • コーヒーがポットに落ちれば出来上がりです。
  • 器具とコーヒーカップは、あらかじめあたためておきます。
 
 

ショットワンカフェのおいしい淹れ方

ショットワンカフェは、好評のタカノ定番コーヒーをいつでもお手軽にお楽しみいただける“一人用ドリップコーヒー”の商標です。
個包装なので、いつでも新鮮な味、香りをお楽しみいただけます。

ブレンド(配合)やロースト(焙煎度合い)によって3種類取り揃えております。

  • マイルドブレンド[中煎り](MEDIUM ROAST)
  • タカノ創業以来の定番ブレンドで、まろやかな酸味と飽きのこない旨味が自慢です。
  • ジャーマンブレンド[やや深煎り](CITY ROAST)
  • やや深煎りに焙煎した、ほどよい苦味と旨味を堪能できる定番ブレンドです。
  • オーガニックイタリアーノ[深煎り](ITALIAN ROAST)
  • 中米グァテマラの高地の有機栽培農園で育まれたSHBグレードの高品質コーヒーです。
    苦味の中にもまろやかな旨味とコクをあわせ持つプレミアムコーヒーです。
    もちろん、有機JASマークの折り紙付きです。


基本的な淹れ方

  • バッグを軽く振り、中の粉を下に寄せてキリトリ線に沿い、上部を切り取って下さい。
  • フックの下部を左右に広げ、パックの口を開いてください。
  • カップのフチにフックを掛けてください。外側を折ってください。
    バッグの注ぎ口が安定します。
  • お湯を注ぎます。(>詳しいお湯の注ぎ方はこちら
 
 

お湯の注ぎ方

  • 熱湯(95℃)を少々(粉全体にしみ渡るぐらい)注ぎます。
    (お湯は、再度沸かさないでください。)
  • はやる気持ちを抑えて、約30秒蒸してから粉の中心部(イラストの赤い渦あたり)
    円を描くようにゆっくり注いでください
  • 粉の膨張部分が落ち着いたら、また3回目を注いでください。
  • 定量(お好みの量)になったら、ショットワンカフェを抜き取って下さい。
    これであなたもプロです。
 
 

カフェオレの淹れ方

ジャーマン、イタリアーノをご使用ください。

  • マグカップに温めた牛乳(レンジで温めてもOK)を半分入れて、
    カップの上にショットワンカフェをセットしてください
  • お湯を注ぎます。(>詳しいお湯の注ぎ方はこちら
 
 

アイスコーヒーの淹れ方

イタリアーノをご使用ください。

  • マグカップ(または耐熱グラス)に半分くらい氷を入れてください。
  • ショットワンカフェをカップにセットしてください。
  • 細口のコーヒーポットで熱湯を少量(コーヒー粉が浸る程度)注ぎ、
    30秒蒸らしたあと、氷の上部までゆっくり注いだら抜き取ってください。
    カップの半分まで濃いコーヒーを抽出するのがコツです。
  • 溶けかかった氷の上から新し氷を入れて撹拌してください。
 
 

おすすめの珈琲